HOME>アーカイブ>薄毛に困っているのなら医療の力で治療することを考えよう

育毛剤が駄目なら医療を試そう

カウンセリングを受ける男性

薄毛治療にはいろいろな種類があって、一番簡単に行えるのが、医薬品として販売されている育毛剤を利用することでしょう。1ヶ月あたり、6000円強で利用ができるため、それほど財布に負担をかけずに、薄毛治療を行えます。市販品の育毛剤で効果がでないのならば、医療施設にて、本格的な薄毛治療を行う必要があります。処方薬を使った方法や、手術を使った方法など、いろいろな薄毛治療があるので、ドクターと相談しながら利用するものを決めなければいけません。ちなみに、薄毛は病気ではないため、治療を受けるためには、費用を全額負担しなければいけないので間違わないようにしましょう。

基本的には処方薬で治療をする

男女

医療施設にて薄毛治療を行う場合は、髪の毛が生えるサポートをしてくれる薬と、抜け毛を軽減させる薬の両方を使うことになります。それらの処方薬は、インターネットを使えば、個人でも輸入できますが(法律的には問題ありません)、身体に合う合わないがあるので、自己判断で利用するのはやめたほうがよいです。髪の毛が増えるような強力な成分なので、ドクターに診察をしてもらって、利用できることを確認した上で摂取を始めましょう。

地毛植毛という方法もある

男性

処方薬でも髪の毛が生えてこなかったのなら、地毛植毛という手術に頼ることも考えましょう。地毛植毛は、髪の毛が生えている箇所の皮膚を、生えていない箇所に移植する手術です。毛根が正常な皮膚を移植するので、フサフサの髪の毛を手に入れることができます。覚悟が必要な薄毛治療方法なので、利用するのなら、ドクターからきちんと説明を受けなければいけません。費用もそれなりの金額になるため、そこまでして髪の毛を生やす価値があるのかじっくり考えましょう。